熟眠障害の原因と対策|沢山寝ているのに寝不足を感じる時は

熟眠障害の原因と対策|沢山寝ているのに寝不足を感じる時は

熟眠障害の原因と対策|沢山寝ているのに寝不足を感じる時は

1日の睡眠時間は人によってバラバラで、理想の睡眠時間も異なりますが一般的に6時間?8時間の睡眠が多い傾向です。

 

自分の睡眠時間をきっちり守っても、何故か疲労が取れずに日中でも眠気を感じる症状を熟眠障害といいます。入眠障害・中途覚醒障害・早朝覚醒と違って症状が分かりにくいため理解されず苦しむ方もいます。熟眠障害の原因と対策について調べました。

 

熟眠障害の原因

 

理想の睡眠時間をとっても、疲れを感じてしまう熟眠障害。原因は、深い睡眠(ノンレム睡眠)が取れなかったためと言われています。いくら長く寝ても浅い睡眠では充実した睡眠時間とは言えません。睡眠の充実感にはノンレム睡眠が必要不可欠と言われています。浅い睡眠では体だけでなく脳も十分に休む事が出来ません。

 

 

深い睡眠がとれない原因は寝る前のスマホ・PCの光やメラトニン不足、睡眠時無呼吸症候群などの日常生活と言われています。また日常的なストレスによって神経が敏感になっており、浅い眠りしか取れない場合もあると言われています。

 

熟眠障害の対策

 

ぐっすりとしっかりと寝たという充実感が欲しい方はサプリや休息ドリンクの摂取がおすすめです。睡眠薬はすぐに眠りを誘発してくれますが、充実感のサポートまでは行っていません。

 

様々な自然的なリラックス成分などが配合されているサプリは、充実した睡眠時間をサポートしてくれます。不眠があまりにも長期間続く場合は、体の病気か心の病気の可能性もありますので、病院に行って医師に見てもらいましょう。