中途覚醒の原因と対策|途中で目が覚めてしまう時の対処法とは

中途覚醒の原因と対策|途中で目が覚めてしまう時の対処法とは

中途覚醒の原因と対策|途中で目が覚めてしまう時の対処法とは

せっかく寝ているのに、何故か夜中に目が覚めてしまう中途覚醒。睡眠時間が短くなってしまう困った症状です。1度目を閉じたら、朝までぐっすりと眠りたいですよね。中途覚醒の原因や対策について調べました。

 

中途覚醒の原因とは

 

中途覚醒とは寝ている途中、夜中などに目が覚めてしまう事を言います。これはトイレに行きたくて起きる、なんとなく起きるなどがあげられますが、どの場合でもすぐに再び眠れる場合は中途覚醒とはいえません。睡眠途中で目が覚めてそこから、なかなか眠れない・朝まで眠れないなどの不眠状態を中途覚醒と言います。

 

中途覚醒の対策

 

夜中にトイレに行きたくて起きて、そのまま眠れなくなる方は眠る前の水分量を見なおしてみましょう。利尿効果のある飲み物やお酒の飲み過ぎは夜間の尿意を促してしまいます。飲み過ぎないように対策してください。

 

昼間の生活に疲れすぎると、夜間にリラックスを心がけても上手く眠れない場合もあります。ストレスは精神的なものから、臭いや温度まで様々あります。ストレスが原因で中途覚醒してしまっている方は日常の小さなストレスを改善して、対策してみてください。

 

朝決まった時間に起きて、外に出て光を5分以上浴びると夜になり眠りやすい体質になると言われています。窓越しではなく外に出て光を浴びること、毎日決まった時間にすることがポイントです。

 

心地よく眠るためにリラックス効果があるハーブなどの成分はサプリで摂取することもできます。中途覚醒の対策にはサプリもおすすめです。