早朝覚醒の原因と対策|朝早くに目が覚めてしまう時の対処法とは

早朝覚醒の原因と対策|朝早くに目が覚めてしまう時の対処法とは

早朝覚醒の原因と対策|朝早くに目が覚めてしまう時の対処法とは

早朝覚醒とは早起きしてしまう事をさします。早起きなので体に良さそうなイメージですが、早起きのしすぎで睡眠不足になる事はおすすめできません。早朝覚醒の原因と対策を調べました。

 

早朝覚醒とは

 

起きようと思った時間の1,2時間ほど早く起きてしまい、その後は眠れない状態になる事を早朝覚醒と言います。十分な睡眠時間を取れないため昼間や夕方に眠気がやってくるのも特徴です。思った時間よりも早く起きたけど、その後ぐっすりと二度寝した場合は早朝覚醒に入りません。二度寝出来たけど夢見がちでゆっくり寝られずに、余計に疲れてしまった場合は早朝覚醒といえます。

 

早朝覚醒の原因

早朝覚醒は年齢を重ねるごとに起きる現象です。年齢を重ねることに日中の活動量が少なくなるためと言われています。若い方で早朝覚醒の場合は、原因は緊張・ストレスや心の病気が多いと言われています。日中に支障をきたしている早朝覚醒はしっかりと対策していきましょう。

 

早朝覚醒の対策方法

早朝覚醒の対策方法の1つとして光を遮断するという方法があります。朝方に眩しい太陽の光を浴びると体が目覚めてしまいます。夜眠るときにはカーテンをしっかりとしめて、太陽の光が寝室に入らないようにしましょう。また遮光性のカーテンを使うと室内が真っ暗になるほど光を通さないので、おすすめです。

 

日中に活動的に動いて体を疲れさせることも睡眠には大切です。しかし疲れすぎてしまう、興奮状態になると逆にぐっすり眠れず早く目が覚めてしまいます。ほどほどに体を動かすようにしてください。またサプリや休息ドリンクを飲んで眠ることもおすすめです。