入眠障害の原因と対策!寝つきが悪い時は

入眠障害の原因と対策!寝つきが悪い時は

入眠障害の原因と対策!寝つきが悪い時は

クタクタに疲れている、明日は大事な日だからすぐ眠りたい、そんな時でもなかなか眠りにつくことができない入眠障害。早く寝て早く起きたいのに、それが出来ないのは辛すぎますね。眠れないことに悩んで、さらに眠れなくなってしまうことも。入眠障害の原因と対策について調べました。

 

入眠障害の原因とは

 

緊張しているせいで、寝付けないという事は誰にでも起こりえることです。毎日や頻繁に、理由もなく寝付けない方は入眠障害が疑われます。入眠障害に詳しい定義はありませんが、寝ようと思っても1時間、2時間以上寝付けない方が多いようです。なかなか寝れなくて辛いと自分自身が感じているかどうかも大切な所です。原因は精神的なストレスやスマホ・PCの明かりのせいなどがあげられます。

 

入眠障害の対策とは

 

なかなか寝付けない事は睡眠時間も短くなる困った症状です。入眠障害を対策するには体や心の緊張の原因を和らげる事が大切です。シャワーだけでなくお湯にしっかりとつかる、気持ちが良い程度にストレッチをする、等があげられます。

 

 

もう1つの対策として、眠れない時は無理に寝ないでベッドから離れて起きている事です。睡眠時間が短くなるので、辛いことですが体にベッド=睡眠と覚えさせるための対策です。そのためベッドで仕事したり本を読んだりと睡眠以外の事をするのは、おすすめできません。

 

薬を飲むまででもないけど、ぐっすり眠りたい。そう感じている方は入眠用のサプリの服用もおすすめです。薬のように強い効き目は期待できませんが、副作用もなく安心して飲むことが出来ます。